セフれサイトを巡っての事件が最近多発してますが、セフれサイトの取り締まりに関する法律が強化された事はご存じだと思います。まず、セフれサイトを使うには18歳以上の証明が義務づけられました。

でも、私個人としてはこれは愚策だと思ってます。法律は有料・無料サイトを問わずに適用されますが、これはセフれサイト衰退に拍車をかける大きな原因となるかもしれません。個人情報の流失や悪用が多発する現代社会で、簡単に自分の個人情報を他人に知らせる人は稀だと思います。

そもそも、そういう事件は、18歳未満なのに18歳以上と偽って登録するために発生する問題ではないと考えています。サイトを悪用してお金儲けをしたい連中がいるから起きる問題です。

これを法律で規制するならば、まずは刑罰を強化するのが一番効果的だと思います。文言的には強化されましたが、まだ日本の法律適用は犯罪者に甘くて、被害者には厳しい事例が多いのが現状で、そちらから改善するのが先決です。

セフれサイトで出会いを見つける事自体は悪い事ではありませんが、現法律は、悪いのはセフれサイトで、18歳未満は異性と付き合うべきではないと言わんばかりの愚かな決めつけではないでしょうか。

セフれサイトに登録するとき、18歳以上の証明をするには免許証の番号や写真、住所氏名なども塗りつぶし、生年月日だけわかるようにして提出するのが基本となります。

関連記事